FC2ブログ

日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11
 
珍しく、朝昼と2食外食でした。

朝は近所に新しくできた喫茶店のモーニング。
飲み物+120円で、トースト+ゆで卵+ベーコン+ヨーグルト+サラダ。このサラダに載っていたプチトマトが、存外瑞々しく旨そうに見えたので、思い切って食してみました……しかし当然トマト味でした。コーヒーで、即、味を消しました。

昼はちょっと遠出をして、地ビールが売りのレストランでソーセージランチ。
車で行ったので、ソフトドリンクで我慢しましたが、辛目のソーセージは絶対にビールとマッチする味でした(地ビールはしっかり買って帰りました)
ここでもサラダにプチトマト。色合いがいいからというのは解ります……今更1個が2個になろうが変わらないということで、ここでも食べました……ソーセージで、即、味を消しました。

小さくても、あの"ぐしゅっ"とした液体部分は健在だし、青い香りが鼻腔まで上ってくるしで侮れません。
トマトジュースの濃密さに比べたら耐えられますが……克服法はないものでしょうか。
血液さらさらとか、アンチエイジングとか、トマトの利点は脳では理解していても、口にするのには、どうしても躊躇いが。
ケチャップだけは大丈夫ですが、薄味人間なので、これも限度量というものが。

Home

リンク

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。