日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
22
 
今週分の「のだめ」と「ぼくらの」を続けて観たら、どちらも宮田幸季さん声キャラがメイン張ってました。「tactics」の勘太郎役だったので名前は何となく覚えた(でも字に自信がない)のですが、声では覚えていないようです。スタッフロール観るまで気がつかなかったので(笑) 前者のキャラは苦手なので嫌な感じに聞こえ、後者のキャラは好印象なので良い人声に聞こえるあたり、案外いい加減なものです。
陸/遜声の宮野さんも月だと気がつかなかったくらいなので(笑)

気分転換先でのんびり露天ジャグジーを楽しみながら、ビルの高さを見積もり、ジアースの大きさを想像しました。雨の日の戦いになったら、頭部が雲の中になりかねませんね……。
以下、今週の「ぼくらの」感想。一番お気に入りだった子がいなくなってしまったのでちょっと淋しい。
先週、ナカマが最後にユニフォームを3人分仕立てて持ってきてくれた時、普通なら同級生の女の子が揃って着るだろうところを、うっかりモジくんが着ていてびっくりしました。しかも今週もわざわざ公衆の面前で着替えてて更にびっくりしました。
戦闘後にも皆と言葉を交わしてから逝けたし、これからも親友の体内で彼の心臓は生き続けるのだから、まだ幸せな逝き方だったとは思うけれど、心臓移植手術が成功して退院した後、モジくんの死とその理由を知ったら、ナギやツバサはどう思うのか。ドナー名は明かさないといっても、事前にモジくんがツバサに告げた「ドナーが現れる」発言はあるし、ドナーとしての相性検査を受けてフルマッチと判明していることも記録として存在するだろうから、いずれはばれると思うのです。重い。切ない。
移植医療は公平に行われなければならないので、知り合いにあげたいと思っても普通は無理。なので超法規的措置……っていうか、事前に軍から話がいっているとはいえ、いきなり転送されてきた外傷もない遺体から即心臓移植手術って……医師にも相当な強さの心臓が必要ではないかと(←想像発展し過ぎ)

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。