日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01
 
硫黄島二部作その1。
「上映後に次の予告編やるからEDが終わるまで席を立たないで下さい」と、ご丁寧に上映前に表示されていました。それでも帰る人は帰る……。
アメリカ側から見た硫黄島の攻防戦…ということですが、メインはそこで撮影された一枚の写真から英雄として祭り上げられた青年たちを描いています。
例えば"爆弾三勇士"が生きていたら、恐らく日本でもこういう形で宣伝に利用されたでしょう。

硫黄島の戦闘シーンは、残酷性を押さえる効果なのか、モノクロームな印象を受けました。
日本兵の手榴弾自決後の映像はそれでも……グロいの苦手な方は観ない方がよいかと。
後半になるにつれ戦闘そのものよりも、アメリカにおけるインディアン差別問題の方が色濃く出ていたように思われました。実話なんでしょうけれど、彼の最期は気の毒過ぎです。
12月公開の「硫黄島からの手紙」も観る予定。「太陽」も上映されるようなのでこれも観る。
……今秋は何だか戦争映画ばかり観ているような……;

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fusuian.blog15.fc2.com/tb.php/456-4619a024

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。