日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 
普段、恋愛映画にはまず食指がのびない性質なのですが、これには予告編から結構興味を持っていました。結構キアヌが好きなのか、SF的要素があるからなのか。
予告編の繋ぎ方から、てっきり4月の吹雪で凍死するのかと思っていました。
本編は「え、これ伏線だったの」という意外性があってよかったです。
観ていて時々「ええと、今、200何年?」と悩みましたが。最後に2人が出会ったのは2008年、ってことでよいのでしょうか。
過去や未来をあれこれ変えちゃって大丈夫なのかが気になりつつも、お約束ハッピーエンドで何より。

当て馬でしかなかった元彼については、ひたすら気の毒としか。
転勤でうきうきで、家まで買うつもりだったのにね……;

タイトル=一緒に食事をするつもりだった人気レストランの名前は、意外性があって、それはそれでよかったですけれど。
原題の「THE LAKE HOUSE」の方が、ストレートだし、お父さんとの関係も反映されていて、好印象かな……。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fusuian.blog15.fc2.com/tb.php/420-39284035

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。