日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
26
 
映画の予習にと思って読んだのですが…以下ネタバレ込みで。
テルー出てこなかった…のですが。あれ?

やっぱり横着せずに全部読まなきゃ駄目ですか……;
ポタやナルニアみたいに、各巻毎に映画化だと思い込んでいましたよ。



読み進めれば読み進めるほど、ゲド×アレンの物語にしか思えなくなっていったのは何故なのか。
最初は王子が大賢人に一目惚れっぽかったのですが、実は大賢人さんの方が王子大好きっぽかったような。
大賢人が旅の連れに王子を指名したら、長年連れ添った魔法使いさんが妬いてみたり。
奴隷商人に攫われちゃった王子を、大賢人、魔法で颯爽と救い出したり(この巻でもっとも派手に魔法使いまくったのここじゃないだろうかと…)
途中でもう1人旅仲間を加えたら王子ふてくされたり。
再び2人きりの船旅に戻ったものの、危うく破局しかけて、死にかけたり。
愛について語りあっちゃったり。

「細い」だの「娘っこみたいな」だのと訳される、歌って踊れる17歳王子。
そんな王子に、両手で抱えられちゃったりする大賢人(それじゃアレン×ゲド…)
そんな王子に、膝枕してもらう大賢人。
そんな王子の頬に、ラスト、公衆の面前でキスする大賢人。

こんな2人のラヴストーリーをどうファミリー向け映画にしてくれたのかを楽しみに観たいと思います。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fusuian.blog15.fc2.com/tb.php/374-125fcfc7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。