日誌。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
31
 
↓ネウロ。
どこまでもあからさまに笹塚さんを怪しく描いている=大丈夫。
こ、これで違ったらぎゃふんどころではないですが。


↓みえるひと。
姐さん、前の明神さんのお知り合いでしたか。でもって桶川家とも関わりありですか。
そろそろひめのんが上京することになったいきさつなどが詳しく語られるでしょうか。
ここのところ戦闘でひきずってきていたので、そろそろ話が進むのを楽しみに。


↓デスノート。
来週勝敗に決着? 潔いまでの悪人面っぷりに脱帽です。

今週は実家からジャ○プを失敬してきたのでゆっくり読み返しつつ感想文。
来週返します。<私信
スポンサーサイト
 
31
 
焼豚。ぎっとり焼豚。

今日で37℃超えも5日目、体が慣れてきました。
もう平熱が37℃でいいのかも。

それでもたまには36℃台も記録するようになったので、治るまであと少しかと。
早く平年並に温かくなってほしいです……3月末に5枚着てるって一体。
 
30
 
この値が体重だったら!(←こっちは減らない……)

肉&米に対する欲求は復活しました。
脂ギトギト焼豚もOK(←既に病人食じゃない)
 
29
 
本日も朝からいい感じに発熱、そろそろ食事も億劫になってきた(肉を食べたくないなんて!)ので、やむを得ず医者へ。
ばったり伯母に出くわす辺りが、何ともかかりつけ医らしいところです。
粉薬嫌いも万事承知なので、全部錠剤で3種類。
「ちゃんとした食事と睡眠を」という健康の基本事項を諭されました。
食事はどうにも無理っぽいので、せめて睡眠を心がけます……。
 
28
 
……により、帰宅。年度末に蔓延させては大変なので。
仕方がないので医者に行こうと思ったら、かかりつけ医は火曜休診でした。
午後休は木曜だけだと思っていたのに。

大人しく寝ることにします。
ポーション1本で回復しなかったってことはダメージ100以上だったってこと…?
(↑そもそもHPは一体どれだけだという話)
 
27
 
大きな仕事が一つ終わったのと、3月ノルマをクリアしたのとで、どうやら一気に気が抜けた模様。
(久々のアルコールも一因……?)

見事に風邪を引き、体温も37.9℃まで上昇。
しかもまた気管支が壊滅的なので粉吸わないと。
基本的に分かり易い体質なので、とっとと寝て治します。

それでも唐揚がっついたり、和食コース平らげたりと、食が細らないのが難点ですが。
 
27
 
↓更新履歴等をご覧になって「何のこっちゃい?」と思われた方への解説。

八田 (はった)
・原作10巻に登場する烈の同級生、アニメにはついに出てこず
・小学生らしからぬ、センター分け&眼鏡という風貌の持ち主
・下の名前はつけられていない
・ガリ勉タイプで烈をライバル視し、ミニ四駆の勝負を挑む(けれどやっぱり負ける)
盗撮くさい烈の写真を所持している(烈だけ。八田は写っていない…)

そんな彼が烈へ向けるひたむきな片想いを応援するのが、当サイトの3月の恒例行事です。
今年でとうとう6回目。ブレ誕、烈誕に次ぐ歴史をもっています(笑)
卒業≒お別れ≒ずっと貴方が好きでした≒実は初恋≒けれど告げられぬ片想い=八田→烈。

小学校入学以来、6・3・3で12年の腐れ縁で同じ学校。
成績面では八田が一方的にライバル視しているが、何だかんだでつるんで児童会&生徒会役員。
Jがビクトリーズ内での烈のフォロー役なら、八田は学校での烈のフォロー役。
共に赤門の某大学に合格するも、烈は渡米。
やはり実らぬ淡い初恋の痛みを引きずりつつ官僚道を生きる男・八田……人生捏造。
 
26
 
久し振りの飲酒でへろへろっています。
嗚呼、でも、カクテルの種類が超豊富なお店を見つけて幸せ。
100種以上はあったかと。
しかもデザートのアイス&スイートポテトパイがすこぶる美味しかった。
幸か不幸か、アルコール類は1日2杯が限度なので、味わい尽くすのは難しそうですが。

私信。
>I河様
届きました、有難うございました。
こちらからも近々ブツを送ります~。
 
25
 
映画館で遭遇した迷惑人種に対する愚痴↓(連日ともなるとさすがに鬱陶しいので反転)
後から来て斜め後ろに座った人が、椅子を蹴る迷惑人種でした。
たまたま足を組み替えて…ではなく、二度三度どころか何度も何度も。
私と同じ列で少し離れて座っていた人にも振動が伝わっていたようで、のめり込むような内容ではない場面でも、背もたれから体を浮かせて前のめりで観ていました。
上映中よっぽど前を横切って移動してやろうかと思いましたが、そんな奴のせいで、センター寄りの見やすい席から隅っこに行くのも悔しいので我慢。
代わりに振り返ってガン飛ばしましたが、効果なし。
上映後、私も、同列だった人も、一瞥くれてから退場しました。

整然としているコミケ列を見るにつけ、一般人よりヲタの方が、マナーに関してはきちんとしていると思っていたのですけれど、がっかり。


改めて↓以下ネタバレ。
クワトロさん、ハマーン、シロッコが劇場のようなところで三つ巴対話しているところに、カミーユ登場という場面で、何だか既視感が。こんな舞台の絵面……種?

ヘンケンさん&ラーディッシュクルーのラストは、珍しくちょっとだけグッときました。目の前で自分を庇った挙句に散られるのは、エマさんも自分が死ぬより辛いのでは。

クワトロさんは、この後「逆襲のシャア」に続く…でよかったのでしたっけ?

シロッコvsカミーユは、霊魂の対話によりシロッコの守護霊サラをこちらに帰依させてから本体を叩いたというか。
シロッコより口説き上手な男がエゥーゴにいたら、レコアさんが敵方になることもなく、サラも早々に目を覚まして、もっと早く戦争終わったんじゃ;

Zガンダム3部作、最初の「星を継ぐ者」のまとめ方が個人的には一番好みでした。2はキャラの人間関係が前面に出された分、端折り過ぎて話が見えない感じ。3は前半部分端折り気味&後半部分殉職シーンオンパレードという、早食いしすぎてお腹が苦しい状態というイメージ。
 
24
 
上映中のおしゃべりと、ED中の携帯電話での時間確認は、本当に勘弁してほしいです。
家でDVD観てるのとは違いますから。上映終了時間をあらかじめ確認してあれば済む話ですから。
子どもさんならいざしらず、いい大人が周囲に気を遣えないのはどうかと。
感動も余韻も台無し。

気を取り直して↓ネタバレ。
エドマンドが腹一杯食べさせてもらった「プリン」が最大の関心事だったのですが。
あれは「雪見大福(苺入り)」では……?
しかもあんまりもらえなかったのが気の毒。

戦闘シーンが予告で大々的に扱われていたように、時間配分もその辺りに重点がおかれていたようで。
原作の、サンドイッチやらお茶やらを携えたのんびりムードな逃避行シーンが割と好きだったのですが、その辺りはちゃっちゃっと割愛……。
何やら物凄い邦訳名がつけられていたダイダラボッチ?さん(←物忘れ激し過ぎ)の出番もなかったので残念。

クリーチャーの出来は素晴らしかったです。表情の細かさには脱帽。
毛のふさふさ感も素敵でした。アスランのタテガミが心地よさそうだったり、逆にビーバーさんは少々硬そうだったり。
服や帽子にはしないから触らせてほしいです。
 
23
 
妹さんから「時間次第ではお泊りよろ」との連絡を受け、昨日から人らしい部屋への復旧作業を開始し、漸くヲタ友ならセーフな部屋まで回復しました。
壁にDグレのカレンダー、TVの上にポーションの列、振り向けば同人誌、タンスの中にはひらひら……。
まだまだカタギの友は呼べません。
ひと部屋開かずの間にしておいても、そんな有様なので。



私信。
>Sとし様
王子声、スクエニHPでちょろっと聴けるようなのですが、マイパソでは音飛びが激しくて;
先は長そうですが頑張ります。その前に3月の恒例行事をクリアしたいものです…あと10日切ってますし;
 
22
 
PS2の小ささにびっくり。箱はやたらに大きかったので余計に。

RPGをプレイすること自体が久々なので、「FF7AC」で免疫が多少なりともできていたとはいえ、ゲーム画面の進化にびっくり。
戦闘画面でも、説明をしてくれるとはいえ、その煩雑さについてゆけず、危うく味方に切りつけるところでした;
その上、移動でも、視点が少し切り替わっただけで自分がどっちに進んでいるのか、どっちに進むべきなのかも判らなくなってうろうろ。
目が回りかけたので、最初のセーブポイントでひとまず終了しました……ストーリー全然進んでないですけど。1時間と持ち堪えてないですけど。
……でもって本人も知らない内にレベル3になっていました。

王子の声が聴ける日を夢見て気長に頑張ります(←まだOPでしか逢えていない;)
 
21
 
スポーツ漫画を実写で一発撮りしました…というような這い上がり方。
やたらドラマチックだったせいで、何だかもう野球シーズンがEDを迎えたっぽく錯覚してしまいそうになりましたが、シーズンはこれからです。

周囲を中日ファンに囲まれて、日々肩身が狭い隠れ阪神好きですが、今回は球団の垣根を越えて、「皆頑張れ」でいい雰囲気。
福留選手もタイムリー有難う。シーズン中もそうであってくれると、職場の空気が和むので、ほどほどにお願いします。

今年から中日は公式ファンクラブ発足とのことで(今までなかったとは知らなかった)、会員募集中なのですが、初年度だけあって特典が大盤振る舞い。
……今年1年限定で、中日にちょっぴり魂売ろうかと思案中。
 
21
 
↓ネウロ。
笹塚さん、箱の外のようで何より。
XIをこの手で…という思いが笹塚さんにはあるかもしれないけれど、それはネウロ&弥子ちゃんに止めてもらいたいものです。
彼に殺人者にはなってほしくないので(←笛吹さんも筑紫さんも石垣くんもきっと)


↓みえるひと。
合流!
両手にお子様ひっつかんでいましたが、がっくんはどうするつもりなのか。
もしや背負って……? 合流時には手ぶらでしたが。

ハセにはときめいたけれど、狐には全くときめきが湧きません。
同じような役回り&顔なのに。
明神さんへのラヴコールが足りないせい……?(←腐)


↓テニプリ。
ボクシングorプロレスの漫画のような勝利(笑)
跡部様もお気の毒ですが、コートの掃除も大変です。
バリカン前にスキカルハット(首回りに巻くやつ)を着用させてあげないと。
 
20
 
7枚目ででました♪27種類ある中で、彼等は2人で1枚……メインじゃないのは百も承知ですが;
目的クリア。
 
19
 
全6種。達成感。

これ、差し入れにしたかったんだけどなぁ……(涙)



瓶をテレビの上に並べたら壮観。
まるで六地蔵のよう。←よく墓地で見る光景。

 
19
 
ポーション。宅配便屋からお迎えしてきました。
商品が伝票に正直に書かれていて、ちょっといたたまれませんでしたが;
クリアカードはバルフレアさん。
でも、気になっているのは、ラーサー&その兄者なのでした…。

早くゲーム本編をやりたいです。
……というか、もう何より純粋に休みたい(帰宅したら「南極物語」ED)

風邪は気合いで治しました。
 
17
 
23時過ぎ帰宅。これからご飯…といきたいところですが、固形物の前に豆乳で胃に保護膜を。

今朝から、花粉症か風邪か…という微妙なくしゃみに悩まされていたのですが、その内に寒気から嫌な熱さ&汗へと変化して、嗚呼風邪だったのか……と。
それでも仕事が終わらないので、「ぐーぴた」で餓えとお腹の虫を押さえていたのですが、限界。
頭痛&吐き気もしてきたので、車を動かせる内に帰ってきました。

新聞受には2時間前に訪れた宅配便の不在票が。
私のFF12&PS2は、佐川さん家。
ポーションはヤマトさん家。

ポーション、今こそ切実にほしいです……ハイポーションじゃないと足りない気がしますけど。
……ご飯&お風呂がすんだら、明日分の書類に目を通しておかねば。
 
16
 
月曜日に読んだものの、ネウロショックで放置しておりました。忘れないうちに一応。

↓ネウロ。

ネウ弥子やや進展?
笹塚さんも登場……はいいのだけれど。

……ないとは思いつつも。

笹塚さんが既に箱の中だったら、暫く立ち直れそうにありません。
来週が怖いです。


↓みえるひと。
久々にひめのん出てきた…と思ったら、早速遭っちゃった(←でなきゃ話が進みませんが)
桶川家のお母様とアニマさんの関わりがいよいよ明らかに……今更ながら、鶏と象と狐って不思議な取り合わせ。


↓映画テニプリ。
デカレットさんの跡部様、想像以上にしっくり。
手塚部長もいい感じ。
試合が始まったらどんな映像効果が加わるのかが気になるところです。
スーパースローモーションとか期待。

そういえば、新しく始まるデジモンの歌(ED)をデカグリーンが歌うそうで。
ブリーチのミュージカルは未見なので、どんな歌声か楽しみです。


……さて、仕事に戻りますか……。
 
14
 
執行猶予が終わり、怒涛の残業デーがスタートしました。
ゴールは日曜日だと宣告されました。

また東京行けない……っ!

祝日出勤と引換にピンポイントでゲットした日曜休みだったのに。
(↑サービス業は世間様の休日が稼ぎ時です……あまり休めません)
既に5月大阪に仕事放り込まれて諦めてるのに。
5月東京も黄色信号なのに……!

就職活動に励まれる方、ヲタ社会人ライフを送りたければ、完全週休2日制の会社を選びませう。
後で泣きをみます。

……仕事に戻ります……よよよ。
 
14
 
社会見学のごとく、地下数十メートルの地点にある施設に出かけました(悪の組織ロケができそうなところでした/笑)
その施設と地上とを結ぶエレベーターがある通路まで、階段を登っている途中で、階段の隅にへばりついている握り拳サイズより一回り小さい塊を見つけました。
案内して下さった施設担当さんが「コウモリ」と教えてくれたので、そーっと指先でつついてみると、まだ眠りから醒めていないようで、ほとんど無反応。
逃げないならば…と、更に指の腹で撫でてみると「何するのー」とちょっと羽を広げて、また元の姿勢に。
その寝起きの悪さがめちゃめちゃ可愛い……!
可愛そうとは思いつつも、もうちょっと構わせて…と、友人も加わって二人で指先でコウモリのお腹を撫で撫で。
「勘弁してー」と更に羽を広げつつも、またまた眠りにつこうと頑張る姿の愛くるしさは格別でしたが、さすがに可哀相なので、それ以上眠りを妨げるのはやめました。
でも可愛かった……!

「そういうのは平気なんですね……」と、以前私がトカゲを素手で掴んだことも知っているもう1人の友人は、少々引き気味でしたが;
そんな彼女は私の駄目な生き物を前にしても全く同じないので、おあいこです。
 
12
 
両手共打ってたので…;上下をひっくり返したら、もろ肌脱いだ北町奉行遠山左衛門尉様のように。
親指付け根の辺りがくっきり紅白。
幸い文字を書いたり、パソいじったりする分には見えないので、仕事中(本日出勤日)突っ込みを受けることはありませんでしたが。

来るだろうと予想していた足首ではなく、肩~背中に筋肉痛が。
多分、転ばないように両手を広げて、必死にバランスをとろうとしていたのが原因かと。
 
11
 
パステル甘味で体力補充。

因みに昨日のケーキは日付がかわる前に2つ完食。
残る1つは朝ご飯の一部に。

流石にお持ち帰りケーキの購入には、自主規制をかけました。
 
11
 
明日は何色に…;立てた~!
歩けた~!!
滑れた~!!!
転んだ~!!!!(前後とも)

打った自覚はありましたが、帰宅してびっくり。
手首~親指の付け根が腫れて蒼くなっておりました;
咄嗟にバランスがとれなかった辺り、若さはもはやない…;

流石にイナバウアーする人はいませんでしたが、Y字スパイラルのお嬢ちゃんやスピードスケート仕様で滑走するおチビちゃん、軽やかにリンクを滑るおじいさまは格好よかったです。
おじいさまにはコツも伝授していただけました。膝を曲げて歩幅は狭く、ペンギン歩きから押すように足を出す!

I河さんお付き合い有難うございました~。次の機会には、お互い厚手の靴下で(笑)
 
11
 
こんな時間にリアルタイムで起きて見ているのですが。
↓以降、ネタバレ全開です。そこだけ反転してあるとはいえ、真犯人の名前も記されていますので、推理を楽しみたい方はご注意を~。
 
10
 
実は昨日のうちに鑑賞済みでした(あちらの駄文を仕上げたかったので、これの感想を保留…)

原作は昔々に書かれたお話なのですが、映画はその雰囲気も損なうことなく、上手に時代設定を現代に持ってきていました。
冒頭のデパートでの出会いシーン、京都伊勢丹でロケしたのかと思いました(エレベーターからの風景がとてもよく似ていたので/笑)

以下ネタバレ。
 
10
 
目の保養一番手前はルーピン先生。
真ん中カボチャは魔人ネウロさん。
一番奥は弥子ちゃん。

誕生日おめでとう。
いただきます~♪
 
09
 
昨日までのうちに上巻の3分の1ほど読んで、ケーキバイキングに参戦しつつ読もう…と、映画館にも持参していたのですが、予告上映で、昨晩読んでイメージしたばかりのシーンを、ほぼ忠実に再現映像で観せてもらえるという贅沢を味わいました。
……読む前のブツも出てきちゃったので、慌てて瞬きの回数を増やしましたが(苦笑)

↓以下重要ネタバレ含みます。注意。
暗号文がいくつも出てきては、作中人物に解き明かされて行きます。作中人物のように、数列や言語等に関する知識がないので、どんどん先んじて解かれて驚くだけなのが悔しかったのですが(レスター手稿に気付けなかったのが特に悔しい…!)
最後のキー・ストーン(黒)の5文字のキーワードだけは、解答より38P手前でぴんときたので、一矢報いることができた感じ。暗号は解いてナンボ。

題材が好みだったので、下巻は夕食抜きで一気読みしてお腹いっぱいになりました(←それはケーキバイキングのせいでは)
映画で観るのが今から楽しみです。

……という訳で、読み終わったよ~、早急に返すからね~と私信。

↓以下追記。
そういえば、マグダラのマリア=Mary Magdalene=メアリーマグダレン(←ひらひらブランドさん)だったことを思い出しました。Victorian Maidenさんの元デザイナーさんのブランドで結構好みなのですが、いかんせん、年齢不相応な可愛らしさ&バストサイズ88cm服(余…;)なので見るだけ……。
 
09
 
お昼ご飯代わりに…と、前から狙っていたケーキバイキングに参戦。
一通り制覇を狙って片っ端から食べていったところ、1時間ほどでメニューが出尽くしたのか新顔を見かけなくなったので、ミッション終了。
13種類を制覇して、最後に一番美味しかったプリンをもう一度食べました。
満腹満足……もう入らない状態。

かつて挑んだ別のケーキバイキングで、10個が限界だった私を尻目に16,7個をクリアした友人が今ここで挑んだとしたらどれだけ食べるんだろう…と考えた時、
10:16~17=14:22~23(個) と計算してみただけで胸焼けが……。
 
09
 
上映時間約3時間。
「スパイゾルゲ」「ヒトラー」等、実話に基く系映画が好きなので、重たいのは百も承知で観ましたが……やはり重たい内容でした。
↓ネタバレ有。
紹介者とひともめしたせいで、主人公たちのグループは、敵対関係にあるグループと隠れ家ダブルブッキングという恐ろしいことに;
咄嗟に別の組織名を挙げて窮地を脱し、一夜を共に過ごす中で、ラジオから流れる音楽を巡って子どものようなチャンネル争い(片方が自分好みにかえるともう片方が元に戻し…の繰り返し)が起きて、でも、最終的に第3の音楽でお互い妥協ラインを見出して安眠。
妥協点が見つからないために繰り返される、故郷の地を巡っての殺し合いとは対照的なシーンでした。
自分たちがしかけたことを逆にしかけられるのでは…と疑心暗鬼になって、ついに爆弾を怖れてベッドで眠れなくなるところまで追い詰められる主人公の描かれ方が凄みを帯びていました。
主人公が、料理ができるという設定だったので、やたら食事が美味しそうだったのが、せめてもの救いシーン(笑)

リンク

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

篠崎。

  • Author:篠崎。
  • 成分:肉・米・コーヒー・甘味。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。